濃藍地に異国情緒漂う唐花模様が何とも美しい小紋に手の込んだ織りの紬を合わせて作った、大きなサイズのがま口ポーチです。硬い芯を貼ってかっちりと仕立てています。

バッグinバッグにもなりそうなサイズですので、着物バッグのお共に、外出の必需品の細々したものを入れたり、お稽古用の小道具を入れたり、重宝しそうです。
大きな荷物を持ち込むのをためらうようなパーティーやお食事の場などでは、ちょっとしたクラッチバッグがわりに使うのも素敵ですね。
和小物好きな方へのプレゼントにもどうぞ・・

【サイズ】横幅約28cm×縦約20cm マチ3cm / 口金 横幅23cm
【素材】正絹(表地)
【値段】6800円

※在庫が無い場合は、受注制作になりますので、1週間前後のお時間を頂戴します。
※裁断によって柄ゆきが変わる場合があります。
※ポーチは定形外郵便もご利用頂けます。重さで送料が変わりますので、確認メールでお知らせします。


裏側。(どっちが表でもいいのですが)紬部分は、同じ着物の違う色合い部分を使いました。
太いストライプ状に色みが変わる、とても大胆で渋い素敵な着物でした。
チャームに、ウッドビーズやガラスビーズ、クラフトボールを使いました。
可愛いアクセントです。
唐花模様の着物地はつややか、紬は素朴、風合いのコントラストが面白いです。
近づいてみると、紬は黒地に青い花模様が織り出されています。
刺し子のようで、とても可愛らしいですね。
中袋には、素朴な茶系の木綿を使いました。
地厚でほっこりした風合いで、民芸のぬくもりを感じられます。
横から。
3センチのマチ付きで、スッキリとしたシンプルな形です。
同型のポーチで・・
私は茶道のお稽古用に使ってます。扇子や懐紙、懐紙挟みが楽々入ります。