和装バッグ 着物バッグ

ふうわり夢の中でさまよう森には、小鳥やりすやおおかみ(童話タッチであんまり怖くない風貌の)に、それから木の精霊たちがいて・・そんな空想が広がるような、とても可愛い着物地で仕立てたお出かけがま口バッグです。
着物地のがま口バッグでありながら、革の持ち手やコロンとした丸みのあるシルエットが和洋折衷な雰囲気で、着物に合わせるとレトロモダンに、洋装に合わせると個性的なコーディネートになりそうです。

バッグ全体に芯を貼り、さらに中綿を裏打ちしてあります。
大きめのサイズで荷物がたっぷり入ります。
口金は大きく開閉するので、荷物の出し入れも楽々、とても使いやすいバッグです。

【サイズ】最大横幅約27cm×縦約26cm(持ち手含まず)×マチ約11cm
【素材】本体/正絹 口金/アンティークゴールド 持ち手/本革
【値段】 12800円

※このバッグは、宅急便にてお届け致します。(定形外不可)



サイドから。

黄緑色の紬帯地をマチに使いました。
たっぷりのマチで、コロンとした可愛いシルエットです。

木版画のように素朴なタッチの木々は、優しい薄茶色をベースに淡いグレーやところどころの黄色で色付けされて、着物地とは思えない愛らしさです。
インテリアファブリックや洋服地に通用するとても素敵なテキスタイルデザインですね。

口金や金具類はアンティークゴールドです。

持ち手は焦げ茶色の本革を使用しました。
着物の時には手に提げたり腕にかけて、洋装の時には肩にもかけられる長さです。

中袋はレトロな雰囲気の植物柄着物地です。
黄色味の水色と表地とのコントラストが可愛いです。

キレイな藤色の花木柄紬に水彩画タッチの帯を合わせて、着物・帯・バッグの木模様づくしコーディネートです。
とっても優しい色合いで、街歩きにぴったりですね♪