和装バッグ 着物バッグ

*2015年*

五月の空のように晴れ晴れとした美しい水色地に、淡く優しいタッチで描かれた瑞々しい牡丹がとても素敵な着物を使って仕立てたバッグです。
美しい柄を生かし、レトロな雰囲気のおすましバッグになりました。

バッグ全体に厚手の芯地とキルト芯を入れて、しっかりながらふんわりとした手触りです。
小ぶりながら、マチをしっかり付けて、荷物が沢山入るようにしました。

【サイズ】  横幅約34cm×縦約20cm×マチ約8cm
【素材】本体/正絹 マチ/合皮 持ち手/天然木



裏側(どちらを表にしてもいいのですが・・)は、少し違う表情の牡丹です。

とても美しい色調です。
もとは中振袖の見事な訪問着でした。
残念なことに片袖にひどい染みが多数。
きっと、若々しいお嬢さんの持ち物だったのだろうなぁ・・なんて想像しながら、大切に解き洗いしました。


持ち手は天然木です。
重厚な深い色みが素敵。
持ってみると、あたりが柔らかくて、やはり天然素材は良いなぁとおもいます。

アンティークな雰囲気のあるがまぐち口金に、深みのある紫色のガラスビーズを通しながらバッグ本体を縫い付けています。
さりげない華やかさのあるバッグになりました。

中袋は鮮やかなブルーの着物地を使いました。
バッグを開くたびに清々しい気持ちになりそうですね。
内ポケットがひとつ付いています。

横から。
ふんわりしたシルエットです。

底マチ部分には、緑がかった水色の合皮を使いました。着物地との素材のコントラストもモダンで良い感じです。



※この画像は前回の作品画像のため、柄が少し違っています。