和装バッグ 着物バッグ

アンティークの中振袖をメインに、古き良き時代の艶やかな雰囲気たっぷりに仕立てたバッグです。

赤地に大ぶりの花文様が大胆で美しく、女性なら誰しもときめいてしまいますね。
現代の色彩感覚とは少し違う、華やかながら落ち着いた色合いに心惹かれます。
メインの赤が一層美しく見えるように、鮮やかな牡丹色と黒、紫を切り替えで合わせました。

“いとはん”は、古い関西弁で「お嬢さん」のこと。
裕福な商家のお嬢さんのイメージで、色鮮やかな玉飾りを作って垂らしました。
勝気で気ままな若い女性が美しく着飾って、供を引き連れ町をそぞろ歩く・・そんな光景が浮かぶようです。

バッグ全体に芯を貼り、さらにキャンバス地を裏打ちしてしっかりと丈夫に仕立ててあります。
A4ワイドのファイルや雑誌もすっぽり入る大きめサイズで、荷物がたっぷり入ります。
それでいてスッキリとしたシルエットなので、着物姿によく似合う、とても使いやすいバッグです。

【サイズ】最大横幅約43cm×縦約28cm(持ち手含む約39cm)×マチ約8cm
【素材】本体/正絹 持ち手/天然木
【値段】 19800円

※このバッグは、宅急便にてお届け致します。(定形外不可)



裏側。
こちらの柄も素敵です。

牡丹に梅・・深みのある赤地に浮かび上がる花文様は少しラフで可愛らしいですね。

きれいな色合わせの玉飾りをまるぐけ紐に付けて飾りました。
歩くとゆらゆら揺れて、髪飾りのよう。
昔遊んだ紙風船や毬みたいでもあり、懐かしい雰囲気です。

着物地をちくちく縫って玉飾りにしました。
こういう小さなものを縫っていると、優しい気持ちになります。
紐は上品な紫色です。

持ち手は天然木です。
重厚な深い色みが素敵。
持ってみると、あたりが柔らかくて、やはり天然素材は良いなぁとおもいます。


中袋には、黒地に小さな白いドット柄の着物地を使いました。
表地の切り替えと同じ素材です。

サイドから。
マチ部分には、渋い色調の紫の紬を使いました。