和装バッグ 着物バッグ

鶴の群れが仲睦まじく会話しているような楽しげな紅型を主役に、黒や紫の紬を組み合わせて、シックで美しいバッグに仕立てました。
紅型の部分が絵巻のように浮かび上がる、周りの切り替え部分との色合わせが絶妙です。

鶴は「恋のダンス」が知られていますが、一度つがいになると生涯連れ添うそうで、それを聞いた若い頃にとても感動したのを覚えています。(結婚前の若かりし頃は、ロマンティックな事にことさら感動したものです・・)
こんなシックなバッグに秘められたロマンティックなイメージは、女性としていつまでも胸躍らせていたいものですね。

「鶴は万年」という言葉があるように、おめでたいイメージもありますので、着物でのハレのシーンにさりげなく持つのも素敵。 もちろん、普段の素朴なコーディネートにもとてもよく馴染むと思いますよ。

バッグ全体に芯を貼り、さらにキャンバス地を裏打ちしてしっかりと丈夫に仕立ててあります。

【サイズ】最大横幅約43cm×縦約28cm(持ち手含む約39cm)×マチ約8cm
【素材】本体/正絹 持ち手/天然木
【値段】 18900円

※このバッグは、宅急便にてお届け致します。(定形外不可)



裏側。
鶴の絵柄が少し違います。

明るい色合いで描かれた鶴は、どこかとぼけたような可愛らしい表情です。
梅の花もとても可愛らしくてお気に入りです。
紅型の上の切り替えは黒の蚊絣、下には梅模様の小紋を使いました。

持ち手部分の切り替えは、「恋」をイメージした赤色の小紋。
黒と赤のコントラストも美しく、小紋の伝統的な柄がレトロで可愛らしいです。

紅型の両サイドには紫の紬を使いました。
バッグ本体は4分割のパッチワーク状になっています。

紅型下の切り替えは、梅文様の小紋です。模様部分が凹凸になっていて、面白いです。

きれいな色合わせのガラスビーズととんぼ玉を飾りました。

持ち手は天然木です。
重厚な深い色みが素敵。
持ってみると、あたりが柔らかくて、やはり天然素材は良いなぁとおもいます。


中袋には、渋い色柄の紬を使いました。
民芸的な可愛さがあって大好きです。

サイドから。
すっきりとしたフォルムです。

大好きな花唐草の紬に合わせてみました。